yousan-supple

葉酸が妊娠初期から必要な理由と妊婦と赤ちゃんを守ってくれる理由について

「葉酸」は妊娠初期から授乳自時期にかけて妊婦と赤ちゃんを守ってくれるって知っていましたか?

日本国内では最近話題となっている葉酸なのですが、実は諸外国では妊娠初期から葉酸を摂取する事は当たり前となっているのです。

妊娠をすると「喫煙」「禁酒」は当たり前なのですが、海外ではそれらと同じぐらい重要視されているのが、「葉酸の摂取」なのです。

妊娠をすると真っ先に処方されるのが「葉酸サプリ」と言われているぐらい、海外の産婦人科では常識となっているのです。

しかも妊娠が分かった時以外にも、不妊治療時にも葉酸が処方されているのです。

それぐらい妊娠と葉酸は密接な関係にあるのですが、日本ではここ最近意識が高まり始めたばかりなのです。

スポンサーリンク

葉酸とは

葉酸が妊娠にとって重要と世間では騒がれていますが、葉酸とは一体何なのでしょうか?

妊娠初期から授乳時期にかけて葉酸が大事と言われていますが、

「葉酸って何・・・?」

と思っている人も多いと思います。

そこで、葉酸について簡単に解説していきたいと思います。

葉酸とは、ビタミンBの仲間で、水溶性のビタミンで水分に溶けやすい性質があります。

妊娠に重要な栄養素の一つで、特に妊娠初期に必要不可欠となります。

葉酸を摂取する事で、細胞分裂が活発に行われ、細胞やDNA、血液の合成をサポートする役割や、お腹の中の赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐ働きもあります。

さらに、葉酸を十分に摂取する事で流産の予防になったり、常位胎盤早期剥離の予防効果もあると言われているのです。

つまり、葉酸は妊娠中の妊婦さんとおなかの赤ちゃんには欠かす事の出来ない栄養素と言うことになるのです。

葉酸の効果について

葉酸は、妊娠初期、妊娠中、授乳期に渡って重要な効果をもたらしてくれます。

  • 妊娠初期・・・お腹の中の赤ちゃんの先天異常(無脳症・二分脊椎)のリスクから守ってくれる
  • 妊娠中・・・造血効果で赤ちゃんの栄養不足を予防してくれたり、妊婦の葉酸不足による貧血を軽減してくれる効果がある。また、鉄分不足による妊婦のトラブルである「氷食症」や「むずむず脚症候群」を予防する事ができます。
  • 授乳時期・・・授乳時期に葉酸を摂取する事で母乳を通して必要な栄養素を赤ちゃんに送り、発達障害のリスクを軽減する事ができる
基本的に妊娠中以外の時は、葉酸が不足する事は無いのですが、妊娠中はお腹に赤ちゃんが居る事もあって通常時の約1.5倍の量の葉酸が必要になります。ですから、妊娠初期から授乳時期までは、「葉酸不足」にならない為に、サプリメントなどで葉酸を摂取するようにしましょう。

妊婦だけではなく妊娠を希望する女性にも葉酸は効果を発揮する

葉酸は妊婦さんだけに効果を発揮するのではなく、妊娠を希望する女性にも効果を発揮してくれます。

厚生労働省では、妊婦さんだけではなく妊娠を希望している女性にも葉酸の摂取を薦めているのです。

なぜなら、妊娠前から葉酸を摂取しておく事で、いつでも妊娠の準備ができている事になり、いざ妊娠しても赤ちゃんに十分な葉酸を届ける事ができるからなのです。

それから、ある研究結果では葉酸は妊活にも良い栄養素と言われていて、日常的に葉酸を配合しているマルチビタミンのサプリなどを摂取している女性の方が懐妊率が高いと言うデータも出ているのです。

しかも、葉酸には排卵障害のリスクを低下させる効果もあるので、不妊の原因が一つ解消されます。

葉酸は妊娠と切っても切り離す事ができない存在で、妊娠しにくいと言う人でも、継続して摂取する事で排卵のリズムが整い、妊娠しやすい状態になります。

葉酸は胎児の先天異常(神経管閉鎖障害)である無脳症や二分脊椎のリスクから守ってくれる

葉酸は胎児の細胞を活性化させて増やしてくれるので、臓器の形成等に欠かす事のできない栄養素になります。

つまり、赤ちゃんが母親のおなかの中で大きく成長する時には葉酸の必要量が急激に増えると言うことになるのです。

この時期に葉酸が不足してしまうと、神経管閉鎖障害である「無脳症・二分脊椎」や「貧血・胎盤早期剥離・流産」等の発症率が高くなってしまうのです。

葉酸を摂取する事で、特に神経管閉鎖障害のリスクを大きく下げる働きがあると言われているのです。

日本でも同様にさまざまな研究が行われ始めていて、葉酸の効果は医学的な根拠があると言う結果も出ているのです。

その研究結果から、国内の産婦人科でも妊娠が分かった時や妊娠中の女性に葉酸の摂取を薦めている産院もあるのです。

また、厚生労働省からも妊娠中は、食品からの葉酸摂取に加えてサプリメント等から「1日あたり400μg(0.4mg)」の葉酸を摂取するように勧告しています。

また、葉酸摂取量は1日に1mgを越えるべきではないと言うことも同時に勧告しています。

つまり、葉酸は妊娠中には必要不可欠な栄養素であることには間違いないのですが、過剰摂取はいけないと言うことを言っているのです。

参考:神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について

要するに、あなたの為にもお腹の中の赤ちゃんの為にも、葉酸は食事以外からもサプリメントなどで摂取る事を厚生労働省もおすすめしていると言うことです。

上記のリンク先で厚生労働省が推進していると言うことと、実はあなたの手元にある母子手帳にも葉酸の必要性は記載されているのですが、知っていましたか?

あなたの大切な赤ちゃんを守る為にも、元気で健康な赤ちゃんを産む為にも、妊娠初期から授乳期にかけて継続して葉酸を摂取する必要があるのです。

赤ちゃんを妊娠中の女性に必要な葉酸の摂取量はどれぐらい?

厚生労働省の勧告では、妊娠前の女性の場合で、食事で取れる葉酸に加えて栄養補助食品(サプリメント)から「1日あたり400μg(0.4mg)」の葉酸を摂取するように言っています。

ちなみに諸外国でも日本の厚生労働省と同じ量の葉酸を摂取するように推進していますが、米国のアメリカ国立衛生研究所では、最低でも「1日あたり600μg(0.6g)」の葉酸を摂取するように推しているのです。

基本的には、厚生労働省が推進している「1日あたり400μg(0.4mg)」の葉酸を摂取すれば問題は無いのですが、場合によってはそれ以上の葉酸量を摂取した方が良い場合もあります。

例えばですが、抗てんかん薬を服用している女性や、過去に二分脊椎の赤ちゃんを妊娠した経験がある場合は400μg以上の葉酸を摂取した方が良いでしょう。

しかし、自己判断で勝手に葉酸の摂取量を増やす事は危険な行為になりますので、まずは主治医に相談するようにしてください。

葉酸の過剰摂取に要注意!

厚生労働省が発表していますが、1日に1mg以上の葉酸を摂取する事はしないようにしてください。

葉酸を過剰摂取する事で、ビタミンB12欠乏症を隠してしまい診断しにくくなってしまいます。

また、「妊娠後期に葉酸を過剰摂取した母親から生まれてきた子供は、大きくなった時に喘息になる可能性が高い」と言う学説も発表されています。

ただし、この学説に限ってはまだまだ研究段階で必ずしも葉酸の過剰摂取が原因とは言い切れないのも事実です。

あくまでも、可能性の話で合って、妊娠後期の葉酸の過剰摂取が原因とは限らないのも事実です。

いずれにしても、葉酸以外のサプリメントでも同じことが言えるのですが、過剰摂取は副作用を起こしてしまう可能性もありますので、必ず医師に相談の上摂取量を調整する用意してください。

妊娠前、妊娠初期、妊娠中期、妊娠後期、授乳時期によって、葉酸の摂取量はこまめに医師に確認した方が良いでしょう。

葉酸の摂取方法について

葉酸の摂取方法は基本的に2パターンになります。

1つは食品から摂取する、もう1つは栄養補助食品であるサプリメントから摂取すると言う方法です。

食品から葉酸を摂取する

野菜や果物に含まれているビタミンが葉酸になります。

特に葉酸を多く含んでいる食品は、緑黄色野菜、大豆、レバーなどの日常的によく摂取している食品ばかりです。

ですが、冒頭でも言いましたように「葉酸は水溶性のビタミン」であるので、食品を焼いたり、煮込んだり、茹でたりする加熱調理をしてしまうと葉酸が水分に溶けて流れ出てしまうのです。

すると、葉酸の量は半分程度まで減少してしまう事になるのです。

また、葉酸が最も必要と言われている時期は、「つわりの時期」なので、偏食や吐き気が原因で十分に食事を摂る事ができなくなるのです。

そのため、食品から効率よく葉酸を摂取する事が難しくなってしまうのです。

そんな時に便利なのが葉酸サプリメントになります。

葉酸サプリメントの摂取は、厚生労働省も推進していて最近では一部の産婦人科医でも処方箋として出されるようになってきました。

効率よく葉酸を摂取できるのがサプリメント

葉酸は赤ちゃんの神経管閉鎖障害である無脳症や二分脊椎を防ぐ働きがあります。

しかし、その葉酸を食品から1日に必要な量を摂取するとなると上記で述べたように難しい事が分かります。

もし仮につわりの影響がなく、葉酸の必要量を食品で補給する事ができるとしても、調理法によっては結局栄養素が流れてしまうため、不足してしまう事になるのです。

しかし、サプリメントでしたら確実に1日に必要な葉酸を摂取する事ができるので、厚生労働省や産婦人科では葉酸サプリを推しているのです。

妊婦と赤ちゃんにおすすめの葉酸サプリメント比較ランキング

葉酸サプリメントと一口に言っても種類はさまざまです。

葉酸だけが配合されているサプリメントもあれば、葉酸+鉄分やカルシウム、ビタミンB群等の妊娠中に必要な栄養素が配合されているサプリメントもあります。

また、妊娠初期のつわりが酷いときには、吐き気を催しやすいのでサプリメント自体の臭いや粒の大きさも気になりますよね!

そこで、いくつかの葉酸サプリメントを比較してみましたので、葉酸サプリ選びの参考にしてみてください。

はぐくみ葉酸

hagukumi-yousan300
はぐくみ葉酸は、天然のオーガニックレモンを使用して作られた葉酸サプリメントになります。葉酸に加え妊娠時に不足しがちな鉄分や亜鉛等の妊娠中の母やお腹の赤ちゃんには欠かす事の出来ない栄養素がたくさん配合されています。ほぼすべての栄養素を国産の野菜や果物から抽出しているので安心して飲めるサプリメントです。また、つわりがつらい時でも飲みやすいように小さめのサプリで、ほのかに香るレモンの匂いなので安心して飲む事ができます。

初回特別価格 1,980円(71%OFF)
通常価格 6,980円
2回目以降価格 3,980円(42%OFF)
送料 無料
葉酸素材 オーガニック
内容量 90粒/10日分
主成分 葉酸・酵母葉酸・オーガニックレモン・オーガニックハーブ・鉄分・ビタミン・ミネラル・カルシウム他
返金保障 10日間全額返金保障
1日あたりの費用 198円
ベルタ葉酸サプリ


ベルタ葉酸サプリは妊活に必要不可欠な葉酸や鉄分、ミネラル、27種類のビタミンに加えて、コラーゲン等の美容成分も配合した女性に嬉しい葉酸サプリになります。それに一定の規格基準の栄養をクリアした製品の証である「栄養機能食品」の表示がされている葉酸サプリでもあります。また、「香料・着色料・人工甘味料」等の添加物を一切使用していない無添加のサプリメントで安全性にもとことん拘った葉酸サプリになります。

初回特別価格 3,980円(33%OFF)
通常価格 5,980円
6回継続価格 23,880円(33%OFF)
送料 無料
葉酸素材 天然由来成分
内容量 120粒/30日分
主成分 酵母葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル他
返金保障
1日あたりの費用 132円
AFC葉酸サプリ


AFC(エーエフシー)は老舗の健康食品メーカーです。「AFC葉酸サプリ」は女性100人の声から生まれた葉酸サプリで、AFCが拘り抜いて作った健康食品になります。葉酸の成分には「厚生労働省も推奨しているモノグルタミン酸型葉酸」を使用しています。もちろん葉酸の必要摂取量である400μgもクリアしていて、葉酸以外にも「鉄分・カルシウム・ビタミンB6、B12・ビタミンC」などの妊活に必須の栄養素も配合しています。

初回特別価格 -円
通常価格 1,800円
2回目以降価格 1,800円
送料 無料
葉酸素材 合成
内容量 120粒/30日分
主成分 合成葉酸(モノグルタミン型葉酸)・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル他
返金保障
1日あたりの費用 60円
美的ヌーボ


100%天然由来成分で作られた葉酸サプリと言えば「美的ヌーボ」です。1日に必要とされている葉酸量400μgに加えて27種類のビタミンとミネラルが含まれています。しかも、子宮内膜症の抑制効果や子供の脳の発育効果に良いと言われている天然のマグロから抽出される「DHA・EPA」も配合されている唯一の葉酸サプリでもあるのです。厚生労働省推奨のモノグルタミン酸の完全無添加の葉酸サプリなので妊活中や妊娠中の方でも安心して飲む事ができます。

お試し5日間価格 980円
通常価格 8,640円
定期便価格 6,912円(20%OFF)
送料 無料
葉酸素材 天然由来成分
内容量 150粒/30日分
主成分 葉酸・DHA・EPA・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル他
返金保障
1日あたりの費用 230円
美人通販の葉酸


美人通販の葉酸は、産婦人科病院出身の栄養管理士が開発した葉酸サプリになります。妊婦をサポートする抗酸化作用のある大豆イソフラボンアグリコン型、赤ちゃんの健康に効果的なビオチン、美容効果の高いベビーコラーゲン等の他の葉酸サプリには配合されていない独自の栄養素が配合されているのが最大の特徴になります。その他にも妊娠中の貧血を防ぐ鉄分や14種類の野菜が配合されています。また、「着色料・合成甘味料・保存料・香料等も不使用の完全無添加」の葉酸サプリとなっております。

初回限定価格 540円
通常価格 4,400円
2回目以降価格 3,960円(10%OFF)
送料 無料
葉酸素材 天然由来成分
内容量 90粒/30日分
主成分 葉酸・発酵大豆胚芽イソフラボン・ベビーコラーゲン・鉄分・ビオチン他
返金保障
1日あたりの費用 18円
オーガニックレーベルの葉酸


オーガニックレーベルの葉酸は栄養管理士が監修した食べ物から作った100%無添加の葉酸サプリメントで、「103種類の野菜や果物と40種類以上の栄養素」を全て天然原料を使用して作られています。妊婦や赤ちゃんに必要な量の葉酸400μgとビタミンB群等を摂取することができます。特徴的なのはハリウッドセレブの間でも話題となったセレブ御用達のスーパーフード「キアヌスプラウト」を原料に使用している事です。完全無添加で、妊活成分である「マカ・ザクロ・高麗人参・ローヤルゼリー」等も含まれているので妊娠を計画している妊活向けの葉酸サプリに最適です。

初回特別価格 500円
通常価格 4,400円
2回目以降価格 3,960円(10%OFF)
送料 無料
葉酸素材 天然由来成分
内容量 150粒/30日分
主成分 葉酸(キアヌスプラウト)・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル他
返金保障
1日あたりの費用 16円
ゆめやの葉酸サプリ


ゆめやの葉酸サプリは、モノグルタミン酸型葉酸400μgと鉄分やカルシウム、DHAを配合した安心の無添加サプリメントになります。モノグルタミン酸型は厚生労働省も推奨している葉酸で、DHAは安全な海藻由来のDHAで、妊娠中から摂取しておくことで赤ちゃんの発育にプラスに働くので必ず摂取しておきたい成分になります。またゆめやの葉酸サプリは妊娠初期のつわりのことを考慮して、匂いなどに拘って作られているので、つわりが酷い人でも飲みやすいのでおすすめです。妊活中、妊娠中、授乳期に渡って妊婦と赤ちゃんのサポートをしてくれます。

初回特別価格 3,552円
通常価格 4,522円
2回目以降価格 3,960円(13%OFF)
送料 無料
葉酸素材 天然由来成分
内容量 120粒/30日分
主成分 葉酸・鉄分・カルシウム・DHA・ビタミン・ミネラル他
返金保障
1日あたりの費用 117円
愛され葉酸


元モーニング娘の後藤真希さんも愛用している「愛され葉酸」は、妊活に始まり妊娠初期から授乳期まで妊婦と赤ちゃんをサポートしてくれる葉酸サプリメントです。1日に必要と言われている葉酸量400μgに加え妊婦に必要な栄養素である「鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル・乳酸菌・DHA・ポリアミン」等も摂取することができます。また使用されている葉酸の種類は、厚生労働省も推奨している吸収率が高い「モノグルタミン酸」です。それから、愛され葉酸サプリに配合されている乳酸菌のクリスパタス菌は、赤ちゃんのお腹から発見された人由来型で、浸透しやすい上に体になじみやすいと言う特徴もあります。

初回特別価格 4,980円
通常価格 7,980円
2回目以降価格 4,980円
送料 350円
葉酸素材 天然由来成分
内容量 90粒/30日分
主成分 葉酸・鉄分・カルシウム・ビタミン・ミネラル・ポリアミン・DHA他
返金保障
1日あたりの費用 166円

葉酸サプリの「天然」と「合成」の勘違いについて

葉酸サプリには「天然」「合成」の2種類あり、合成はモノグルタミン酸型と言う間違えた認識をしている人が居ます。

葉酸サプリメントに関しましては、全てが吸収率の良い「モノグルタミン酸型」になるのです!

食品などに含まれる天然の葉酸を「ポリグルタミン酸型葉酸」と言って、栄養補助食品であるサプリメントの葉酸のことを「モノグルタミン酸型葉酸」と言います。

本来ならば、食品から葉酸を摂取した方が良いのですが、葉酸自体が水溶性のビタミンであることから、食品を焼いたり、煮込んだり、茹でたりする加熱調理をしてしまうと葉酸が水分に溶けて流れ出てしまうのです。

ですから、日々の食事では厚生労働省が勧告している1日に必要な400μgの葉酸が摂取できないのです。

そこで葉酸の吸収率を高めるために開発されたのが、モノグルタミン酸型の葉酸で、いわゆる葉酸サプリメントなのです。

ただし、葉酸サプリメントであっても「食品から抽出された葉酸」「合成化学物質から変換された葉酸」の2種類が存在しているので注意が必要になります。

もちろん、食品から抽出された葉酸やビタミン等を配合している葉酸サプリメントの方が良いと言う事は言うまでもないですね!

要するに、葉酸を摂取するのであれば食品よりも、食品から抽出した葉酸をモノグルタミン酸型に変換させた葉酸サプリの方が効率よく吸収できるので妊婦にもお腹の赤ちゃんにも良いと言う事になります。

葉酸まとめ

葉酸は妊娠中の妊婦に限らず、妊活中の女性にもおすすめです。

妊活中から葉酸を積極的に摂取する事で、妊娠時のお腹の中の赤ちゃんの先天異常(無脳症・二分脊椎)等を未然に防ぐ事ができるのです。

それをできるのは医者ではなく、赤ちゃんでもなく母親でああるあなただけなのです。

諸外国では妊娠が発覚した時点で葉酸が処方されるぐらい、妊娠と葉酸は切っても切り離す事ができない存在となっています。

また、妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を接種する事が常識となっている諸外国では、二部脊椎の発症率は年々確実に減少しているのです。

しかし、葉酸摂取が常識となっていなかった日本では、二部脊椎の発症率が増加しています。

なぜなら、諸外国と比較しても日本はサプリメントなどの栄養補助食品に抵抗があり、食品などから自然に摂取すると言う風習があるからです。

しかし、生まれてくる子供の為を思うのなら、葉酸はサプリだけは別だと考えてください。

あなただけの問題ではなく、生まれてくる赤ちゃんの問題でもあり家族の問題でもあるのです。

あなたの大切な赤ちゃんの一生を左右することになりますので、妊娠が分かった時点で葉酸を積極的に摂取するようにしましょう。

スポンサーリンク